So-net無料ブログ作成

東京キカンボ娘 [エンタメ]



「東京キカンボ娘」は
木の実ナナのデビューシングル。
本作により15歳でレコード・デビューした。

タイトルの意味は、
反抗期にある少年少女のキカンボゥ族のキカンボである。


キノミキノママ歌えるリズムとメロディーであり、
長い間、そういうタイプの人を探していたところ、

舞踊家の竹部董の推薦で
ジャズ喫茶から発見したのが木の実であった。
声といい、パンチといい、印象がぴったりだったという。

B面の「かわいいキューピー」は
現代(1962年当時)のハイティーンの
リズムであるロックを取り入れた軽快な曲である。

木の実の歌の恩師である森岡賢一郎が
彼女のために書き下ろした。

●A面:東京キカンボ娘
歌手:木の実ナナ
作詞:菊村紀彦
作曲:菊村紀彦
編曲:森岡賢一郎
発売:キング
発売日:1962年(昭和37年)8月10日

●B面:かわいいキューピー
歌手:木の実ナナ
作詞:池すすむ
作曲:森岡賢一郎
編曲:森岡賢一郎
発売:キング
発売日:1962年(昭和37年)8月10日

引用:Wikipedia

kinominana_03.jpg


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。